会長挨拶

福島県高等学校PTA連合会
会長 武田 賢一

 令和3年度の福島県高等学校PTA連合会会長を仰せつかりました武田賢一と申します。
 会員の皆様方には、日頃よりPTA活動に対しご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

 新型コロナウィルス感染拡大が1年以上に及び、学校教育の現場も大きな影響を受けております。県高P連におきましても定期総会の書面議決、 研修大会が中止になるなど会員の皆様の交流や学びの機会を奪われ、残念な思いでおります。 学校におきましては、制約のある中での授業、部活動の自粛、各種大会の中止など、子供たちを取り巻く環境がますます厳しさを増しております。 今こそ、少しでも安心して学べる環境を整えるために、学校・家庭地域の連携が重要であると考えます。

 また、経済状況の悪化による就職困難、「新しい生活様式」を基本とした生活の中での不安やストレスなどの問題が予想されるなか、 行政や関係団体との連携を密にし、課題解決に向けて行動することが必要であると考えます。

 本会は、県内各地区PTAの連合体として、研修大会や4つの委員会活動を中心に研修と交流を図ることにより、各単位PTAの活動に資するものとなり、 ひいては福島県の子供たちのより良い環境を支えていくことを目指しています。

 一日も早く子供たちが笑顔で穏やかな学校生活を送れるように、皆様と共に見守り、サポートしていきたいと思います。